年収1億円を超えている芸能人は、司会をしている方が多い傾向にあります。

年収1億円超え

億万長者は誰?

 

年収1億円…一般人にとってはとても程遠く、下手すれば生涯賃金ともいえる金額ですよね。

 

しかし、芸能人は売れっ子になれば年収1億円超えも可能です。
1億円を超えるには、いくつかの条件があります。

 

  • 冠番組を持っている
  • MCが主な仕事
  • 大女優・男優
  • CMのやドラマにひっぱりだこ

 

などとなっています。

 

芸人・タレントの場合は、基本的に司会を得意として冠番組を持つことが条件で、ネタだけで勝負したり、いじられキャラなど他の人に引き立ててもらったりしないといけない人では、どれだけ頑張っても難しいのが現状です。

 

俳優はドラマに出演したりCMにでたりすれば稼ぐことは可能でしょう。

 

どのような人が1億超えの年収を稼いでいるのか気になりますよね?
では、実際に見ていきましょう!

 

ビートたけし 推定年収:15億~16億
明石家さんま 推定年収:10億~11億
マツコ 推定年収:10億
タモリ 推定年収:9億
有吉弘行 推定年収:8億
ダウンタウン 推定年収:7億
爆笑問題 推定年収:7億
内村光良(ウッチャンナンチャン) 推定年収:6億
くりいむしちゅー 推定年収:6億
中居正広 推定年収:6億
綾瀬はるか 推定年収:6億
坂上忍 推定年収:6億
桑田佳祐(サザンオールスターズ) 推定年収:5億
石原さとみ 推定年収:5億
新垣結衣 推定年収:4億
設楽統(バナナマン) 推定年収:3億
長澤まさみ 推定年収:3億
木村拓哉 推定年収:3億
米倉涼子 推定年収:3億
小栗旬 推定年収:2億

 

たくさんいる芸能人の中でもほんの一部をご紹介しました。
もはや、知らない人はいない!と言っても過言ではない芸能人ばかりですね。

 

上位はほとんど司会をする方々ばかりとなっています。
自分が司会をするレギュラー番組を持っている芸能人は1億以上稼いでいる傾向にあるようです。
俳優陣も、ドラマにCMにひっぱりだこの方々ばかりとなっています。

 

 

アイドルでは年収億超えは難しい

歌って踊るだけのアイドルでは、どれだけ売れてもここまでの年収を稼ぐ事は不可能でしょう。

 

しかし、アイドルの傍ら映画やドラマに出たりCMに出たりすれば年収は1億円を超える可能性はありますが、ほんの一握りです。
1億円を超えるのはほぼない…と考えていた方が良さそうですね。

 

AKB48や乃木坂46などをプロデュースしている秋元康の年収は20億以上と言われています。
テレビの露出が少ないにも関わらず、高収入を手に入れている人は、作詞・作曲・出版などの印税が多く入ってきます。

 

昭和のアイドル「おニャン子クラブ」のプロデュースから、美空ひばりさんの「川の流れのように」の作詞まで、芸能界に多大な影響を与えた自分物の1人なので、このくらいの収入は当然といったところなのでしょうか?!

 

 

一発屋芸人の億超えは厳しい

億超えの芸能人は頻繁にテレビに出ている人が多いです。
しかし、一発屋芸人のようにその時の流行りだけでテレビに出ているような芸人などは、ピーク時の収入で換算しても億には届かない事が多いです。

 

継続してテレビの主役として君臨し続けている大物タレントは、そもそものギャラ単価が高いので露出が少なくても一発屋芸人より何倍の収入を手に入れる事ができます。

 

TOPへ