貧乏お笑い芸人は、1回0円~数千円程度にかならないお笑いライブ中心で、年収二桁はザラです。

貧乏お笑い芸人は年収二桁

 

売れないお笑い芸人は年収2桁万円は当たり前と言われています。

 

こんな数字、普通じゃ考えられないと思われる人もいますが、実際に知名度のない芸人というのは本業の収入がほとんどないのが現状です。

 

 

売れないお笑い芸人はライブ活動が中心

 

お笑い芸人として活躍する場合は、まずはライブ活動から始めます。

 

事務所に所属すればライブのオファーだけはちょくちょく入ってきますし、それ以外のギャラが保証される仕事はほとんどありません。

 

売れない芸人は、単独ライブをやる事は当然できず、他の売れない芸人と合同でのライブや、公開オーディションや、客の審査で勝ち上がるお笑いバトル形式のライブが中心となります。

 

こうしたお笑いライブのチケットは無料~2000円程

 

有料ライブは、各出演芸人がチケットを売り裁き、売った部分の数割が芸人としての収入となります。

 

最初は主に友人・知人などを中心に売っていき、ライブを見てファンになってくれた人は、その後Twitterなどを使用して置きチケなどを利用してチケットを売っていきます。

 

ある程度の固定客をつかめたとしても、1回の合同ライブでの収入は数千円程度。

 

売れない芸人はほとんどチケットが売れなかったり、友人に割引販売を行っているので、収入は0~数百円程度となっていきます。

 

こうした活動を通年繰り返しても、年収にして数万円という事はよくある事です。

 

 

 

売れない芸人はみんなアルバイトをしている

アルバイトをしている芸人の画像

 

 

年収数万円レベルでは、当然生活ができません。
そこで売れない芸人はみんなアルバイトをして最低限の収入を確保しています。

 

大半は通常の求人から、融通のききやすいアルバイトを選び、平凡なコンビニや居酒屋などのアルバイトをしている人が多いです。

 

一部では、先輩芸人の経営する飲食店など芸人の人脈を利用したバイトをしている人や、葬儀場や害虫駆除などバイトでもそれなりに稼げる仕事をしている人もいます。

 

2012キングオブコントを勝ったバイキングが夜勤のバイト明けで決勝に挑んでいた話など、売れない芸人がバイトで生活をしているのは有名な話です。

 

 

 

若手でも先輩芸人に可愛がられる事も

 

お笑い芸人を目指す人は、NSCの入学者だけでも数千人いますが、中には養成所を卒業してすぐのタイミングで、知名度のある先輩芸人に気に入られる事もあります。

 

ほとんどお金にならない芸人の場合は、野球をやっている、釣りやツーリングが趣味など、共通の趣味を持っている先輩芸人から紹介を通じて、声がかかる事があります。

 

こうした交流で気に入られれば、定期的にご飯や旅行に連れて行ってもらったり、お金がなくても、ある程度の娯楽を満喫する事も可能です。