子役になるには演技力はもちろん、家族など周囲のサポートが大切です。

子役になるためには

子役の女の子と男の子イメージ画像

 

幼い頃より芸能界を目指す意思がある場合は「子役になる」という方法がオススメです。
子役になるには多くの場合「事務所に所属する」のが一般的で、有名子役のほとんどはオーディションを受け事務所に所属しています。

 

 

主な子役の種類

子役の定義は曖昧ですが、年齢によってある程度役割が変わってきます。
お子様の年齢と子役としての役割を考えていきましょう。

 

0~6歳までの子役

特に“赤ちゃんタレント”と呼ばれています。
私生活ではあまり目にする機会がありませんが、代表的な作品として「オムツのCM出演」が挙げられ、代わりのいない重要なポジションです。
他にも「ドラマ・映画等の映像作品」や「雑誌」など活躍の幅は想像以上に広く、市場は拡大傾向にあります。

 

また、赤ちゃんといえども仕事をすれば対価が支払われるのが当然です。
気になる赤ちゃんタレントの給与事情も併せて確認しておきましょう。

 

赤ちゃんタレントの給与事情

 

6歳~活躍中の子役

ドラマに台詞がある役として配置される機会が多くなる頃の子役です。
現在11~15歳くらいまでの子役が最も熱い市場ですが、彼らが活躍し始めたのが6歳あたりからだと言われています。

 

代表的な子役として「芦田愛菜」が挙げられ、彼女を中心として成長してきた子役達の活躍に注目が集まっています。
大人気子役のこれまでの活躍と現状には目を通しておきたいものです。

 

活躍中の子役の給与事情

 

子役から成功した人

子役の頃から役者としての成功をつかみ取り、現在も人気のある芸能人を想定しています。
彼らを改めて見直すことで、子役から芸能界にいるメリットが見えてきました。

 

中でも子役のレジェンドクラスである「安達祐実」に関しては、現在の仕事ぶり以上にピーク時の推定年収が桁違いの存在とされています。

 

元子役で活躍する芸能人の給与事情

 

 

子役に求められる能力

考えている女の子役画像

 

子役に最も求められるのは「自然な演技」ができる能力です。
これは大人の役者にも共通する能力であり、子役も作品の持ち味を最大限生かすために作品の中で生きる等身大の人間を演じる必要があります。

 

自然な演技とは

子役における“自然な演技”とは、特に「発声」や「動作」の面で違和感のないように伝わる演技のことです。
当然ながら、子供は大人に比べて成熟していません。
舌っ足らずの場合や、そもそも発音が苦手な言葉がある場合も考えられます。
日頃から聞き取りやすい会話を心がけるようにしましょう。

 

また、発音だけでなく動作や表情もコントロールできなければいけません。
子供は溌剌としているイメージがありますので、演技も堅苦しくないようにしましょう。

 

しかし子供の頃から過度なプロフェッショナルになる必要はなく、あくまで発音・動作共にコントロールし“子供らしさ”を表現できることが大切です。

 

 

最終的には家族のサポートが不可欠に

現場に入ってしまえば、後は子役が頑張るしかありません。
しかし、現場で最大限の能力を発揮するためには、親のサポートが必要になります。
現場への送り迎えはもちろん、礼儀の徹底、さらには自然な演技を体に覚えさせるための会話トレーニングは家族のサポートがあってこそ伸ばせる力です。

 

例えば、天才子役である神木隆之介氏がその地位を確立したのは親の正しい教育の賜物だと自身で語っていました。

 

「子供が自分で選んだ道だから」と突き放してしまえばそれまでです。
しかし、親として子供が役者として羽ばたけるような愛のあるサポートできるならば、誰もが幸せな未来が待っているのではないでしょうか。

 

赤ちゃんモデルや子役に
興味がある方はこちら!

TOPへ