赤ちゃんタレントは、仕事内容によって注目度や報酬が変わります。

赤ちゃんタレントには大きな需要がある

赤ちゃんタレントのイメージ画像

 

芸能界に進出するための年齢制限はありません。
早い人では0歳から「赤ちゃんタレント」としてメディアへの出演を果たします。
実は私たちが思っている以上に赤ちゃんタレントには需要があり、近年は特に注目を集めているのです。

 

赤ちゃんタレントは、女優や俳優のように“芸能事務所”に所属することで仕事が巡ってくるチャンスが増えます。
本格的にタレントとして売り出さない場合は、企業が独自に行う公募に申込みする方法でも構いませんが、芸能界に長く居続けるならば事務所に所属するのが一般的です。

 

タレントになるための条件は?

赤ちゃんをタレントにする場合「親がサポートできる」という条件を満たす必要があります。
出演は赤ちゃんだけですが、送り迎えはもちろん、日頃の体調管理や体型管理は親の仕事です。
通常の子育て以上に気を遣うため親の度量が試されます。

 

赤ちゃん本人の視点に立つならば、

  • 撮影現場で人見知りしない
  • 親以外の人が抱いても泣かない
  • よく笑う

といった柔軟性があると高評価です。

 

 

タレントとしての活躍の場

意外にも、赤ちゃんタレントの活躍の場は思いのほか多くあります。

 

例えば、出産シーンがあるドラマでは本物の赤ちゃんが臨場感を演出し、雑誌で子育て特集を組んだ際には仲睦まじい親子の写真があればぐっと親近感が湧くでしょう。

 

赤ちゃんタレントに憧れを抱く大人は少ないために余り注目されていませんが、赤ちゃんタレントは無くてはならない存在です。
我が子をタレントとしてデビューさせるならば活躍の場を理解しておきましょう。

 

ドラマ・CMなどの映像作品

赤ちゃんが活躍する出産シーンのイメージ

 

前述したように「ドラマ」や「映画」といった映像作品で出産シーンがあれば赤ちゃんタレントの出番です。
代表的な作品として2015年頃には産科医療を題材とした『コウノドリ』と言うドラマがブームになりました。

 

また「CM」にも多く出演しています。
特に“オムツのCM”において、赤ちゃんタレントは欠かせない存在です。
メインキャストに起用されれば世間の注目度も高まり、赤ちゃんタレントとして最高峰の評価が得られます。

 

雑誌のモデル・商品パッケージ

赤ちゃん用品のパッケージに赤ちゃんタレントが起用されることは珍しくありません。
衣類、粉ミルク、おもちゃなど様々な商品のパッケージに赤ちゃんの活躍が期待できます。

 

また「ひよこクラブ」や「kodomoe」といった、子育て雑誌の表紙や挿絵としての赤ちゃんタレントは欠かせません。
子育てを経験していない若い世代には馴染みが無いかも知れませんが、笑顔の赤ちゃんが表紙を飾れば、親としては安心感を得られるのです。

 

子供をTVや雑誌に
モデル出演させたい人はこちら!

 

 

気になる赤ちゃんタレントの報酬は?

赤ちゃんでもタレントには変わりなく、メディアに出演すれば少なからず報酬が発生します。
媒体によって異なりますが、雑誌や商品パッケージならば「4,000円~3万円」、ドラマ出演ならば「5~7万円」程度が相場です。

 

最も高額の報酬が得られるメディアは“CM”で、相場は1本あたり「10~20万円」程度の設定がされています。

 

特にオムツのCMは大人気の代名詞で、有名ブランドのメインキャストとして配役されれば、最大で「50万円」の報酬も夢ではありません。

 

 

赤ちゃんタレントには親の協力が不可欠

自分の子供が赤ちゃんタレントとして活動するにあたって、最も大切なのは親による環境作りです。

 

赤ちゃんは自分の意思でタレントに応募するわけではありません。
タレントとして我が子を世間に送り出すならば、赤ちゃんのことを何よりも考えたサポートが不可欠になるのではないでしょうか。

 

TOPへ