大物芸能人がレギュラー番組1本で稼ぐギャラ単価を調査してまとめました。

芸能人レギュラー番組ギャラランキング

テレビのレギュラー番組や冠番組を持つこと、それは芸能人として“成功した証”でしょう。

 

安定した収入源にもなり、ゲスト出演よりも高いギャラを受け取る事ができるレギュラー番組は、高年収の必須条件とも言えます。

 

実際にレギュラー番組を持っている芸能人は、1本あたりどのくらいのギャラを貰っているのかを調べてみました!

 

 

芸能界でもTOP!300万円クラス

300万円クラスのギャラを貰う芸能人

 

ビートたけし、明石家さんま、タモリ、所ジョージ

 

いわずと知れたBIG3は3人ともランクイン!やはりギャラも高額。
最近は、番組制作のコスト削減が行われているため、冠番組のギャラも300万円程度で頭打ちとなっています。
視聴率が良い事も条件となっており、この金額を貰っている方々でも深夜帯は150万~250万円に下がるようです。

 

 

250万円クラス

250万円クラスのギャラを貰う芸能人

 

笑福亭鶴瓶、とんねるず

 

 

200万円

200万円クラスのギャラを貰う芸能人

 

ダウンタウン、堺正章、内村光良(ウッチャンナンチャン)

 

 

誰もが知ってるであろう名前が勢揃いですね!
とんねるずやダウンタウンなどのような大物芸能人は、定期的な特番を組まれることもあり、内容次第ではギャラはもっと高額に。
人気企画を行う特番では、ギャラが1本500万円に跳ね上がる事もあるそうです。

 

 

番外編:100万~199万円クラス

 

150万円

加藤浩次(極楽とんぼ)、中居正広、関口宏

 

120万円

有吉弘行、爆笑問題、坂上忍、ナインティナイン、ネプチューン、上田晋也(くりぃむしちゅー)、南原清隆(ウッチャンナンチャン)など

 

100万円

今田耕司、東野幸治、マツコ・デラックス、有田哲平(くりぃむしちゅー)、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、和田アキ子、さまぁ~ず

 

このあたりになると、一気に人数が増えます。
最近テレビでよく見る、司会をしているお笑い芸人が多いですね。

 

 

通常のレギュラー番組出演のギャラは?

司会者クラスは、だいたい100万円~が相場となっているようです。
冠番組やMCでなくても、ある程度の知名度がありレギュラー番組を持っている芸能人だと1時間の番組で20万~80万円ほどだそう。
年間を通して考えると、それなりの収入を見込めますよね。

 

ちなみに、ゲストやひな壇などで呼ばれる芸人は、ゴールデンの高視聴率番組で10万~30万円ほどとなります。

 

レギュラー番組を持つということは、安定かつそれなりのギャラを確保出来るという事です。
このような事から、多くの芸能人はレギュラー番組を持つことを目標としています。

 

 

年収億も夢じゃない?帯番組の単価

帯番組とは朝やお昼の情報番組、夜のニュース番組のように、複数曜日で同じ時間帯に放送している番組の事を指します。
ゴールデンの時間帯に比べるとギャラ単価は低くなりますが、毎日(多くて週5、6)の仕事があるので、年収で考えると億を超える可能性もあります。
毎日仕事があるという事は、お金の面でも気持ちの面でも安心出来ますよね。

 

TOPへ