レギュラー番組の1本あたりのギャラは大物でゴールデン1時間番組で300万円となっています。

芸能人レギュラー番組ギャラランキング

 

芸能人としての成功の証とも言えるのがレギュラー番組や冠番組を持つ事です。

 

安定した収入源にもなり、ゲスト出演よりも高いギャラを受け取る事ができるレギュラー番組は、高年収の必須条件とも言えます。

 

実際にレギュラー番組を持っている芸能人はどのくらいのギャラを持っているのかを見ていきます。

 

 

300万円クラス

とんねるず・ダウンタウン・内村光良・北野武・明石家さんま・マツコデラックス・ナインティナインなど

 

250万円クラス

中居正広、くりぃむしちゅー、有吉弘行、坂上忍など

 

200万円クラス

雨上がり決死隊、ココリコ、タカアンドトシ、さまぁ~ず、ネプチューンなど

 

 

 

レギュラーのギャラ上限は1時間300万円程

深夜番組を見る男の子の画像

 

最近では、番組制作費もコスト削減が行われていて、冠番組のギャラ上限自体は300万円程で頭打ちとなっています。

 

300万円のギャラになるには視聴率を取れる番組も条件になり、ゴールデンでは300万円もらっている大物芸能人でも深夜枠などの番組は150万円~250万円程となっています。

 

 

 

特番では更に好条件になる事も

 

レギュラー番組は定期的に特番をやります。
その内容次第ではギャラ単価が更に高くなるケースもあります。

 

とんねるずやダウンタウン、北野武などの大物が人気企画を行う特番ではギャラ単価が500万円以上になる事も珍しくありません。

 

 

 

通常のレギュラー出演

 

冠番組や、MCではないけど、レギュラーを持っている芸能人の場合は、それなりの知名度を持っている芸能人やタレントで1時間の番組で20万円~80万円ほどとなっています。

 

年間通じてレギュラー出演ができれば、それなりの収入を確保できます。

 

ゲストやひな壇などで呼ばれるような芸人などは、ゴールデンの高視聴率番組でも10万円~30万円ほどとなりますので、安定かつ、高いギャラ単価を確保できるレギュラーは多くの芸能人の目標となっています。

 

 

 

帯番組はギャラ単価は安くても高収入

 

午前中の時間帯や報道番組などの帯番組は、ゴールデンの時間帯に比べて、ギャラ単価は落ちますが、多くて週に5~6回の仕事があるので、1つの仕事だけで年収億超も可能になってきます。

 

 

 

帯番組ギャラランキング

 

古館伊知郎 報道ステーション 1本200万円

 

小倉智昭 とくダネ! 1本150万円

 

福澤朗 バンキシャ 1本150万円

 

加藤浩次 スッキリ 1本120万円
宮根誠司 ミヤネ屋 1本120万円
南原清隆 ヒルナンデス 1本110万円