女性アイドルの気になる給与事情と推定年収ランキングを考察しました。

気になるアイドルはどのように給与を貰っている?

給料を手にして喜ぶ女性

 

2010年にアイドル戦国時代が幕を開けて以来、アイドル業界は飛躍的に成長し続けています。
2020年になってもテレビでアイドルを見ない日はないほどの盛り上がりを見せており、中には高級マンションに住んでいる暴露話が飛び交うことも珍しくありません。

 

となると気になるのはやはり「アイドルの給与事情」です。
我々とは違う世界に住んでいる彼女たちは、一般的な会社員とは異なる複雑な給与体系が適用されています。

 

有名グループでは「固定給+歩合制」という形が多く、歩合の割合によって私たちの想像を絶する年収を手にしているのです。

 

女性トップアイドルの推定年収ランキング

アイドルは夢を与える仕事ですが、彼女たちも給与を受け取らなければ生活ができません。
私たちが応援することでトップクラスに上り詰め、華やかな生活を送れるようになった彼女たちの気になる年収を考察していきましょう。

 

白石麻衣

今や業界でもトップを牽引する乃木坂46の不動のエースです。
その美しさから男性だけでなく女性ファンをも魅了し、アイドル・女優・モデルと幅広く活動しています。
気になる推定年収は「1億~1億8,000万円」と言われており、トップクラスの権威を感じさせる金額です。

 

 

 

齋藤飛鳥

白石さんと同じく乃木坂46に所属するアイドルです。
小学生の頃に出会ったアイドルの楽曲をきっかけに自身も同じ業界を目指すようになり、中学生になる頃には乃木坂46の1期生として活動していました。
想定年収は「9,000万円~1億2,000万円」と、非常に注目が集まります。

 

 

 

生田絵梨花

乃木坂46に所属するアイドルで白石さん、斉藤さんと共にグループを牽引する要とされる人物です。
外国語、ピアノ、書道などの多種多様な才能が魅力とされており、テレビでも注目を集めています。
推定年収は「8,000万円~1億円」と言われており、乃木坂46のブランドを引き上げているメンバーの1人です。

 

 

 

百田夏菜子

アイドルグループももいろクローバーZのリーダーです。
グループ内ではボーカル・キーボード・ギターとマルチな才能を発揮しており、芸能界では女優に声優と、幅広い活躍で多くのファンに愛されています。
推定年収は「7,000万円以上」との見込みです。

 

 

 

横山由依

AKB48に所属するアイドルです。
グループ全体の総監督を務めた経験があり、アイドル戦国時代を築き上げたブランドを立派に牽引しています。
推定年収は「5,000万円以上」ということで、間違いなく今もトップクラスに君臨するアイドルです。

 

 

売れていないアイドルには厳しい現実も

アイドルの理想と現実とは

 

トップクラスのアイドルとなれば、一般の会社員生活ではなかなか手が届かない夢のような年収を実現できます。

 

一方で、各地の小さなライブハウスや小劇場などを拠点に活躍している「地下アイドル」の給与は、トップクラスのアイドルとは比べものになりません。
地下アイドルの推定年収は「150万円」ほど、単純に月給換算すると12万円程度です。

 

また、有名グループでも“研修生”となると一気にランクダウンし月給5万円、年収にして「60万円」と言う場合も珍しくなく、厳しい世界であると分かります。

 

しかし、それでもアイドルになりたいという人は多いです。
乃木坂や欅坂なども新メンバーを募集しているようですので、気になる方はまずオーディションを受けてみると良いでしょう。

 

新規メンバーオーディション
公式情報はこちら

 

 

公式グッズの購入がアイドルを支える

トップクラスのアイドルは努力に見合った報酬を得ているようですが、同じアイドルでも舞台を変えれば月収5万円の厳しい世界が広がっています。

 

そんなアイドル達の支えは、公式のグッズ購入に他なりません。
どのアイドルにとっても、ファンからの後押しがあることが何よりも嬉しいのではないでしょうか。

 

TOPへ