知名度がない芸能人は、年収数万円~300万円前後になる人が多いようです。

年収数万円~数百万円クラス

芸能界の格差をイメージする画像

 

芸能人というと収入が良いイメージがありますが、駆け出しの俳優やお笑い芸人、売れてないタレントなどは年収数万~も実際にあります。

 

もちろんこういった人たちは、この収入だけで生活が出来ない為、バイトをしていたり仕事の片手間で芸能活動をしていたりするケースがあります。
中には売れるまで事務所がある程度の保障をしてくれる事がありますが、これはレアケースでしょう。

 

芸能以外の分野で活躍し、単発でテレビやメディアの取材に応じている方もいますが、こちらでは本気で芸能活動をしていても、年収数万~数百万になるケースをジャンル別にご紹介します。

 

 

 

 

俳優

俳優を目指してる人は、基本的にオーディションを受けて役を勝ち取ります。
しかし、そのオーディションに受からなければ仕事はありませんので、必然的にお給料も貰えません。
エキストラ中心であれば、年収は数万円程度になってしまいます。
劇団などに入り、舞台に出ることができれば数十万にはなるでしょう。

 

 

お笑い芸人

お笑い芸人は天と地の差が大きく、テレビ露出が多い芸人は少なくても年収数千万円クラス。
逆に、年収数万円クラスが最も多いのもお笑い芸人です。

 

吉本興業の場合、NSCを卒業後よしもとに所属する人が多いですが、ほとんどの人はお笑いライブが中心で年収数万円となっています。
ライブのチケットをたくさん売った場合、テレビ露出が少なくても年収150万円前後になることも。

 

現在はテレビで見かけなくなった1発屋芸人と呼ばれる方々も、地方営業で稼いでいる人もいます。
年収は300万円~クラスになり、一般的なサラリーマンほどの年収を稼いでいるようです。

 

年収300万円クラスになるには、

  • テレビや営業活動をせず、新喜劇で安定した仕事がある芸人
  • テレビのゲストで呼ばれる程度の知名度がある芸人
  • 一度売れたがすぐに消えた1発屋芸人

というのがポイントのようです。

 

 

女性アイドル

雑誌の撮影場所のイメージ

 

女性アイドルの平均は300万円前後だと言われています。
AKB48は研究生からスタートしたとして、月収は数万円程度だそうです。
正規メンバーになって、選抜に入れず劇場公演やイベント中心だと年収300万円~ほど。

 

知名度がないアイドルの場合、テレビや雑誌などの仕事はほとんどお金にならない事が多いです。
売れないグラビアアイドルも同じく雑誌の単発で数十万円ほどで、あとはほとんどお金になりません。年間を通して200万円~300万円になることが多いです。

 

若い女性アイドルであれば、事務所を通したキャンペーンガールやイベントスタッフなど日給1万円くらいの仕事を紹介してもらえます。
こうした仕事を精力的にこなせば年収も300万円くらいになります。

 

 

男性アイドル

ジャニーズ事務所のような大手の事務所であれば、それなりに仕事があり月給制になることも多いです。
コンサートの相場は1本3~5万、舞台だと30万円~50万円ほどとなっています。
コンスタントに仕事があれば、年収数百万円はいくでしょう。

 

ですが、有名でない事務所に所属しているとちょっとした仕事が少なく、他のジャンルに比べて稼ぎにくい傾向にあります。
全くオファーがなければ年収数万円も実際にあり得る話です。

 

 

歌手・ミュージシャン

アマチュアとしてライブ活動をしている人などは、年収数万円はよくある話です。
レーベルやレコード会社の所属先が決まれば年収数万円といった事は少ないですが、売れなければ年収100万円ほど。
年収300万円を超える人は数%ということからも、厳しい世界だということが分かりますね。

TOPへ