年収300万円クラスの芸能人・アイドルはテレビ露出がごく稀な人達が多いです。

年収300万円クラス

 

芸能人やアイドルで、年収300万円クラスの人は、一体どのような人がいるかをお笑い芸人と、アイドルでジャンル別に紹介していきます。

 

>>年収数万円の芸能人

 

 

お笑い芸人

 

お笑い芸人は、天と地の差が大きく、テレビ露出が頻繁な芸人は少なくても年収数千万円クラス

 

元1発屋芸人など、現在はテレビ出演が少なくても地方営業でそれなりに稼げるので、年収は更に高くなり、年収300万円クラスは、一般的なサラリーマンの平均年収程度ですが、お笑い芸人では少ない部類になります。

 

 

年収300万円クラスになる芸人のポイントとしては、

  • テレビや営業活動を行わず、新喜劇で安定した仕事がある中堅~ベテラン
  • たまに、テレビのゲストで呼ばれる程度の若干知名度がある芸人(三又又三・ライセンスなど)
  • 一度売れたが、すぐにテレビから消えた芸人(しずる、はんにゃなど)

 

 

アイドル

 

アイドルの画像

アイドルは、男性と女性によっても収入格差があり、若い女性アイドルはほとんど売れていなくても、キャンギャルなどの仕事を頑張れば、年収300万円ほどは稼げるケースもあります。

 

アイドルの年収300万円前後の事例を紹介します。

 

 

ジャニーズJr

コンサートの相場が一本3~5万円。
舞台に出れば30万円~50万円ほどとなっているようです。
適度に仕事をしていれば年収300万円前後の人も多い計算になります。

 

 

AKB48グループ売れない正規メンバー

AKB48は現在は研究生からスタートして、その時の月収は数万円程度と言われています。
正規メンバーになったけど、選抜には入れず、劇場公演やイベントが中心。
「たまに、数名程度の束で呼ばれる仕事がある。」といったケースで年収300万円ほどになります。

 

 

売れないグラビアアイドル

マイナーな雑誌でグラビア写真が掲載されるだけのグラビアアイドルは、たまに雑誌など単発で数十万円程度の仕事が入ってきて、あとはほとんどお金にならない仕事。
年間通じて200万円~300万円ほどとなっている事が多いです。

 

 

若い女性アイドル

若い女性アイドルの場合は、テレビや雑誌などの仕事はほとんどお金にならない仕事が多く、各種キャンペーンガールなどのイベントスタッフや、通常のコンパニオンがやるキャンギャルよりも若干敷居が高い仕事を中心に事務所から紹介してもらえます。
こうした仕事を精力的にこなせば年収300万円台になります。