芸能人などは、ジャンルによっては年収数万円になるケースもあります。

年収数万円クラス

 

芸能人やタレントは年収数万円という事も実際にあります。

 

数万円の画像

もちろんこういった人たちは、芸能活動以外にバイトや仕事をしていたり、片手間で芸能活動をしているケースもあります。

 

中にはその他の分野で活躍していて、単発でテレビやメディアの取材に応じて年収数万円となる場合もありますが、ここでは本気で芸能活動をしても、年収数万円程度になるケースをジャンル別に紹介します。

 

 

 

お笑い芸人

 

年収数万円クラスが最も多いジャンルです。

 

よしもとの場合、NSCを卒業すれば事務所に所属はできますが、ほとんどの人が小規模のお笑いライブ等が中心で、年収数万円となっています。

 

テレビ露出が少なくても、ライブのチケットをたくさん売れれば、年収数十万円~150万円前後になる事もあります。

 

 

 

俳優

 

俳優を目指している人でも、エキストラ中心であれば、年収数万円程度になってしまう事は頻繁にあります。劇団などに入り、舞台をやれば、数十万円程度になるケースもあります。

 

 

 

若手女性アイドル

 

若い女性アイドルであれば、事務所を通じたキャンペーンガールなどの仕事も多く、日給1~2万円の仕事が多数あります。

 

どこまでが芸能活動と呼べるかは別にして、芸能事務所を通じた仕事を本気でやれば、年収数万円になる事はほとんどありません

 

 

男性タレント・アイドル

 

ジャニーズ事務所のような大手に入れば、売れなくても仕事はそれなりにありますし、早いタイミングで月給制になる事も多いですが、3流事務所で地道に売り込みをしている男性タレントやアイドルは、ちょっとした仕事が少なく、他のジャンルに比べて、地道な芸能活動という選択肢自体が少ない傾向にあります。

 

本気で芸能活動しようと思っても、オファーがなければ全く仕事が無い事が多く、年収数万円は実際にありえる数字です。

 

 

 

歌手・ミュージシャン

 

しっかりとしたレーベルやレコード会社に所属すれば、CDデビューや着うた配信などの仕事が取れやすいです。所属先が決まれば、年収数万円といった事は少ないですが、アマチュアとしてライブ活動をしている人などは、年収数万円はよくある話です。