芸能事務所は、仕事や事務所によって対応が違いますが、平均的に売上の5~9割抜いています。

芸能事務所の抜き分

 

芸能人は、売上がまるごと自分の給料になるのではなく、大半を事務所に抜かれてしまいます。

 

有名な話では、よしもと興業の場合、所属芸人と事務所の売上の取り分比率が1:9となっている事がよくテレビなどでも話題になっています。

 

その他の事例も紹介しながら、事務所の抜き分について紹介しています。

 

 

事務所ごとで一律設定されている場合

 

冒頭で説明したよしもと興業の場合、「芸人1:事務所9」で持っていかれる仕組みになっています。そのかわり、芸人が出した書籍やCDなどの印税の収入は全て芸人の給料になるという措置などもあり、新人育成にも投資をしている事でも有名です。

 

その他、事務所の抜き分が少ないことで有名なのは、アンタッチャブルやおぎやはぎなどが所属している人力舎で、「芸人4:事務所6」と業界でも最高水準の高額歩合となっています。

 

ワタナベエンターテイメントの場合は、芸人とタレントで区別化されていて、「芸人3:事務所7」「タレント5:事務所5」。

 

ホリプロなどアイドルに強い所も、「タレント5:事務所5」と言われていて、お笑い芸人とそれ以外の芸能人で比率が違う傾向もあります。

 

 

 

所属タレントや仕事内容ごとで割合が変わる場合

 

小規模の事務所も含めれば非常に多いケースです。

 

有名なのは、ウッチャンナンチャンや出川哲朗などがいるマセキ芸能で、タレントと仕事内容によって配分が変わります

 

その他アイドル事務所なども、売れている時と売れてからの時で配分が変わったり、基本給とのバランスが変わる事が多いです。

 

こういった状況では内訳はピンキリですが、芸能人への総支給額を考えると売上の半分以上は事務所が持って行っている事も多いです。

 

 

 

固定給の場合も

 

有名なのは大田プロで、ダチョウ倶楽部や有吉弘行などが代表タレントとなりますが、有名どころは基本月給制となっているようです。

 

最近ではテレビでレギュラーを多数持つ有吉弘行の場合、年収億超という噂もありますが、月給制でも売れれば青天井となっている事が多いです。

 

ジャニーズ事務所の場合は、デビュー前のジャニーズJrなどは月給制でデビューをすると、「月給+歩合給」に変わるケースなどもあります。

 

 

 

なぜ芸能事務所に所属するのか?

疑問を持つ女性の画像

 

 

芸能事務所は、テレビ関係者をはじめさまざまな機関に絶大な人脈を持っています。

 

現在人気と呼ばれている芸能人であっても、事務所の力がなければほとんど仕事を取れない人や、独立して失敗する人も多数います。

 

また、事務所に所属していれば、本業の芸能活動に専念でき、仕事やスケジュールの調整も何もする事がなく、高い手数料を払ってでも、事務所に所属し続けるメリットがあると言えます。

 

芸能人として成功できる人の割合とは?

 

 

 

事務所に入っていない芸能人

 

有名なのは、とんねるずがアライバルという所属芸人が自分たちだけの事務所を独立して立ち上げたり、高橋ジョージが事務所を通さずに大ヒット曲のロードを全て自分で作りリリースして膨大な印税が入ってきた話などがあります。

 

最近で有名なのは、ゆるキャラのふなっしーで、最初から芸能事務所に入らず、自らの力でここまで売り込み、現在も仕事のアポイントは全てフナッシー自身の携帯電話となっているようです。

 

事務所に入らなかったり、独立すれば同じ売上でも膨大な収入を手に入れる事もできますが、何も芸能活動をできずに挫折する人も多数います。